記事一覧

ネコヨーワカランデカンワ

なんでも担当です。



うちには16歳になる黒猫様がいます。

それまで私は猫と暮らしたことがなくて、
黒くて小さい子猫がヨタヨタと私の後ろをついて来た時、
「家に帰れ」と言って、猫の向きを変えて走って逃げました。
当時住んでいた家はペット禁止の賃貸で、猫を飼うことはできません。

猫のことは何も知らないので、
首輪を付けて、肩に乗せて一緒に学校に通いました。

寝る時に布団に入ってきて、ゴロゴロ言うので、
うるさいから静かにするようにと猫に言いました。

不妊手術をするといいと言われたので、先生に言われるままに手術しました。

年一回ワクチンを打つのを知らなくて、
8年ワクチンを打ちませんでした。

部屋のあちこちでオシッコする様になり、
猫を叱りましたが、実は尿結石寸前の病気(ストロバイト結晶)でした。
これは猫に謝りました。
ここから頭が上がらなくなりました。


当時の私は「きーちゃんち」から猫をもらうことはできないでしょうね。
多分「お届けします」と言われても意味がわからないから
なんとかしてお届けを断ろうとしただろうと思います。


猫が8歳になったとき、ゴハンに「シニア」と書かれていたのを見て、
彼女がシニアになったと知りました。
それから毎日生きているかを確認するようになりました。

16歳の今は、ドキドキするような格好で寝ていて、
ゆすっても起きないこともありますが、
おなかを触るとすぐに噛み付いてくるので、まだまだ元気です。


ああ、今日もかまれて嬉しい。
かまれたくておなかを触ります。
もう意味がわからないですよね。




こんなこと、ゼロどころかマイナスから、
いっこずつ勉強しながら、進んできました。

残念ながら、保護して亡くなった子もたくさんいます。
全然わからないこともたくさん起きました。
起きたことを受け止めて、手探りで前につなげてきました。
つなげてたくさんたくさん積み重ねてきました。
色んな方に応援してもらえる様になりました。

それが「きーちゃんち」です。



残念ながら、今は
きーちゃんち本体であるkikiさんが、保護をできる状態ではありません。

今日、「kikiさんがヘコみすぎている」と、某所から情報が入りました。
インフルエンザでも寝てなかったのに、体調を崩しているとか。
相当へこんでるのが目に浮かびますが、
なんでも(長年の腐れ付き合い)は思っています。
「kikiさんがヘコんだままなわけがないな」

亡くなった子がいることはとてつもなく悲しいのだけれど、
これまでと同じく、一緒に全部受け止めて、つなげていく。
猫類皆兄妹。
今までに亡くなった子。
今居る里親さん募集の子たち。
そして次の子たちの為に。


いつも思うけど、ネコってなんなんでしょうね。



チャイ子ちゃん
IMG_3403.jpg
昨日かまれました。
なんでゴロゴロ言ってるのにかむのか、、、!
たまたま背景がデンジャー色。似合うね。。。




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

メールありがとうございました!
お気持ち、とてもうれしいです。
なこちゃんは大きくなりましたか?別途アドレス宛にメールをさせていただきました。

コメントの投稿

非公開コメント

きーちゃんち

きーちゃんちとは。

きーちゃんちランキング!

[ジャンルランキング]
ペット
446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

111位
アクセスランキングを見る>>