記事一覧

パルボ発生で、きーちゃんちが今できること。

なんでも担当です。




色んなことが起こります。
その都度が勉強です。

ご縁のあった一匹ずつと、大切に向き合い、
里親さんと猫が、共に、楽しく暮らしてほしい。
そんな思いでこの1年間譲渡会を開催させてもらってきました。


kikiさんmurataっちがキジにしていますが、
「猫パルボウィルス感染症」が発生しています。
詳しくは「猫 パルボ」で検索すると色々出て来ます。



パルボについて
パルボはふつうに自然界にあるウィルスですが、
主に嘔吐物や排泄物から経口感染し、
耐性と感染力が強いウイルスです。
ウイルスの生存は3ヶ月とも1年とも言われます。


パルボウィルスを直接治療する薬はないため、
感染し、発症すれば対処療法をしていくしかありません。
残念ながら発症後は致死率も高いです。


ただし、3種ワクチンの中にパルボが含まれています。
ワクチンをうってある子には感染はしません。
(ワクチンも接種してから定着するまで2週間かかります)


接触があった場合は全ての猫を疑わなければならなくなります。
(ワクチン接種から2週間経ってない子も含みます)
パルボには潜伏期間があるため、見守る期間は2週間です。

パルボを発症した子は助かった後も数ヶ月はウィルスを排出すると言われます。
これは検査でわかります。



現時点での対策

・2週間を目安として接触のあった猫たちを見守る

・感染を広げない
  人も猫も接触を避ける。
  新規の保護は受けない。

・塩素による消毒(アルコールは効かない)



今のきーちゃんちは新たに猫を保護することができません。

今回はkikiさん宅で発症した子がいたので、当面kikiさんは「猫休み」です。

murataっちも今は経過観察中ですが、
猫が発症した場合は同じく「猫休み」となります。
(業務連絡;その場合は2人とも少なくとも年内は休んで下さい)


もしも、どなたかが保護された猫がいる場合は、応援やアドバイスは出来ます。
ただし、直接の接触はできません。
保護された子はワクチンはまず打っていないでしょうから、
接触することが猫にとって命にかかわるリスクとなります。



現在、保護している全ての猫が感染が疑われる訳ではありません。
預かりさんの家に居て、感染の恐れなく里親さんにゆける子が何匹もいます。
また、2週間の経過観察後は感染の疑いも晴れます。




今できること
まずはパルボと接触のない猫たちが、無事に里親さんが見つかる様、全力を尽くします。
それが今の我々にできるただひとつのことと考えます。
どうぞよろしくお願い致します。




チャイ子も元気にしています。かみますけど。
IMG_3413.jpg
不妊手術しました!
手術後に迎えに行ったら、めちゃくちゃ怒ってました。
本当はなでられるのが大好きな気がするのですが。。。





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

きーちゃんち

きーちゃんちとは。

きーちゃんちランキング!

[ジャンルランキング]
ペット
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

200位
アクセスランキングを見る>>